電力供給源としての「ソーラーパネルシステム」

自家発電ができ、余った分を電力会社への売電が可能な「ソーラーパネルシステム」ですが、CO2を削減できるなど、環境への配慮も注目されています。
また、自然界にあるエネルギーを有効活用できることで、発電不足に悩むところに住んでいる人にとっても大変ありがたい存在です。

そのため、海外に向けてソーラーパネルシステムを提供している企業もあります。
生活用電源としてはもちろんのこと、病院や学校などの施設など、いろいろなシーンでソーラーパネルシステムの導入がみられ、改めて電気のありがたさを感じさせられました。

以前、テレビでモンゴルの「ゲル」のようすが放映されていましたが、屋外にソーラーパネルが設置されていたのも大変印象的です。
ゲルは「移動式住居」ですが、ソーラーパネルシステムの導入により、次の居住地での電力導入をスムーズにすることが可能になります。

そういえば、自給自足をテーマにしたテレビ番組で、住宅の敷地内(日本の農村)にソーラーパネルを設置していたようすが放映されていたのを思い出します。 http://www.dimensionsgalleryandframing.com/